S.H.Figuarts ドラゴンボール超 ブロリー-超-

¥ 5,780 税込

商品コード: SHF-DB12907

数量

商品状態:未開封

バンダイ「S.H.Figuarts」シリーズ、劇場版『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』に登場する「ブロリー-超-」のアクションフィギュア。

ブロリー(-超-)は、劇場版『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』にて登場したサイヤ人の数少ない生き残りで、同じくサイヤ人であるパラガスの息子です。生まれながらにして凄まじい潜在能力を秘めていたブロリーは、その力をベジータ王に危惧され、辺境の星「小惑星バンパ」への派遣という名目で追放されてしまいました。ブロリーを追いかけて小惑星バンパに到着したパラガスは、そこでブロリーを発見しますが、乗ってきた宇宙船が故障してしまい、小惑星バンパから出られなくなってしまいます。そのために2人の存在は長い間気付かれることなく、静かに時が流れていきました。しかし、力の大会において復活したフリーザが、強い力を持った戦士をフリーザ軍にスカウトするため、部下に各惑星を調べさせた際に、フリーザ軍のチライとレモがパラガスとブロリーを発見。パラガスとブロリーがフリーザ軍にスカウトされると、ブロリーはフリーザの策略とベジータ一族を恨むパラガスの命令により、同じサイヤ人である孫悟空とベジータと戦わせられることとなりました。戦闘開始当初、ブロリーは力はあるもののスーパーサイヤ人になることは出来ず、通常時のベジータに軽くあしらわれるレベルでしたが、サイヤ人の本能に導かれるように戦いの中で異常な速度で成長していきます。戦闘中に父であるパラガスが殺され、その怒りと悲しみによって超サイヤ人に覚醒。その後、孫悟空とベジータがフュージョンしたゴジータとの戦いの中でさらに上の力に目覚めると、ブロリーの姿は通常のスーパーサイヤ人よりも筋肉質な巨体となり、力も更に凄まじさを増しています。流石にゴジータブルーには敵わなかったものの、最後までゴジータブルーの動きに付いていき、全力の攻撃を何度食らっても立ち上がるなど底知れぬ力とタフネス、そして今後の可能性を見せつけました。

S.H.フィギュアーツ ブロリー-超-は、2019年9月14日に店頭一般流通で発売されました。付属品は、交換用手首左右各2種、交換用頭部パーツ2種(交換用表情パーツ2種つき)、首輪(制御装置)となっています。ブロリー-超-よりも先に、2019年4月20日にS.H.フィギュアーツ スーパーサイヤ人ブロリーフルパワーが発売されましたが、こちらのブロリー-超-はフリーザ軍のアーマー姿での立体化となっており、付属のパーツを付け替えることで通常状態、怒り状態(バンダイの公式ページでは暴走状態)、スーパーサイヤ人状態の3つの状態にすることが可能です。アクションフィギュアであるS.H.フィギュアーツですので、様々なポーズをつけることができ、同じS.H.フィギュアーツシリーズのスーパーサイヤ人ゴッドスーパーサイヤ人孫悟空-超-やスーパーサイヤ人ゴッドスーパーサイヤ人ベジータ-超-、ゴールデンフリーザ、ウィスといったキャラクターたちと並べることによって、劇中の色々なバトルシーンを再現可能です。お持ちの方は、一緒に飾ってみてはいかがでしょうか。