仮面ライダービルド 変身凍拳 DXグリスブリザードナックル

¥ 9,800 税込

商品コード: DX-GreaseBlizzard-knuckle

数量

商品状態:未開封

平成仮面ライダーシリーズ第19作目『仮面ライダービルド』に登場する「変身凍拳 DXグリスブリザードナックル」です。

グリスブリザードナックルは、北都軍のトップである猿渡一海が変身する仮面ライダーグリスの武器であり、強化フォームのグリスブリザードに変身するためのアイテムです。グリス用の強化装備のため、中央のボタン「エンブレムロボティックイグナイター」にはロボットマークが描かれています。このようにグリスブリザードナックルは開発段階からグリスが使用することを目的として開発されましたが、グリスの装着者である猿渡一海が2回ネビュラガスを投与されたことなどによってハザードレベルが人間の限界値を超えて上昇しており、一海がグリスブリザードナックルを使用すると肉体が消滅する恐れがありました。そのため、当初桐生戦兎(仮面ライダービルド)は一海には渡さずに、万丈龍我(仮面ライダークローズ)にグリスブリザードナックルを譲渡するつもりでした。しかしその後、一海に懇願されたことで、戦兎は「あくまでも武器としての使用をする」という約束でグリスブリザードナックルを一海の手に渡します。しかし、エボルトとの最終決戦において、一海の目の前に、三都の戦争の中で命を落としたはずだった、かつての仲間「三羽ガラス」が現れます。しかしこの三羽カラスは偽物であり、戦兎たちの戦意を削ぐためのエボルトの作戦でした。すぐに偽物であることを見破りますが、その卑劣な作戦は一海の逆鱗に触れることになります。一海は先を急ぐ戦兎達を先に行かせて単身その場に残り、禁断のフォーム グリスブリザードへと変身することを決意します。

変身凍拳 DXグリスブリザードナックルは、プレミアムバンダイ限定商品として販売され、1次受注分が2018年12月発送、2次受注分が2019年1月発送として発売されました。別売りの変身ベルト DXビルドドライバーにDXグリスブリザードナックルを装着することでグリスブリザードに変身、必殺技を発動して遊ぶことが可能で、グリスブリザードナックル単体でも必殺技を発動させて遊ぶことができます。さらに、仮面ライダーグリスに変身する猿渡一海の名セリフも多数収録されています。