METAL BUILD ガンバレルストライカー

¥ 12,500 税込

商品コード: MetalBuild-item12695

商品状態:未開封

バンダイの大人気「METAL BUILD」シリーズ、模型雑誌 ホビージャパン連載のショートストーリー『機動戦士ガンダムSEED MSV』、ゲームボーイアドバンス用ソフト『機動戦士ガンダムSEED 友と君と戦場で。』などに登場する「ガンバレルストライカー」のアクションフィギュア。

ガンバレルストライカーは、地球連合軍の試作型モビルスーツ「GAT-Xシリーズ」の1機である「ストライクガンダム」の武装交換用システム「ストライカーパック」の1つ。ストライクガンダムにガンバレルストライカーパックを装備させることにより、「ガンバレルストライクガンダム」に換装可能となります。元々ガンバレルストライカーは、『機動戦士ガンダムSEED』本編に登場した地球連合軍のエースパイロット、「ムウラ・フラガ」専用のストライカーパックとして開発されましたが、ストライクガンダムが大破し、さらにムウラ・フラガがアークエンジェルとともに軍を脱走してしまっためにアークエンジェルへの配備計画は頓挫してしまいます。しかし、ガンバレルストライカーは有線式ガンバレルを4基装備しており、「メビウス・ゼロ」と同じく、ガンバレル操作が可能な高度空間認識能力を持つパイロットしか扱うことができないという代物でした。そのため、ガンバレル操作が可能であると判明した、「月下の狂犬」の通り名を持つ「モーガン・シュバリエ」の105ダガーに装備されることになりました。

メタルビルド ガンバレルストライカーは、2019年の1月(2次分は4月)に魂ウェブ商店の限定商品として発売されました。前述したとおりストライクガンダムに装備することが可能であり、別売りの「METAL BUILD ストライクガンダム」に装備することでガンバレルストライクガンダムに換装することが可能です。付属品はレールガン、ガンバレル接続用ワイヤー×4、ガンバレル X状展開用支柱パーツ、本体用専用台座、ストライクガンダム接続用ジョイントが付属となっており、4基のガンバレルと接続用ワイヤーによって動きを付けることが可能です。メタルビルド ガンバレルストライカーの特徴なのですが、有線式ガンバレルの展開が大幅にアレンジされており、メビウスゼロをイメージしたレールガンを装備したオリジナルの形態にも換装可能となっています。そのため、幻のムウラ・フラガ機であるガンバレルストライクガンダムと飾ること以外にも、メビウスゼロの代用として飾ることも可能です。バンダイ公式のガンバレルストライカーの商品ページには「バックパックによりシルエットを大きく変えるストライクプロジェクトのスタートです。」と記載されていますので、今後、様々なバックパックが発売されるのではないでしょうか。