パワーレンジャー ライトニングコレクション ビーストモーファーズ ブルーレンジャー(ブルーバスター)

おすすめ商品

¥ 3,280 税込

商品コード: PR-LightningCollection-BeastMorphers-BlueRanger

商品状態:未開封

ハズブロ社の「パワーレンジャー ライトニングコレクション」シリーズ、『パワーレンジャー・ビーストモーファーズ』に登場した「ブルーレンジャー」(ブルーバスター)です。

『パワーレンジャー・ビーストモーファーズ』は、日本の「スーパー戦隊シリーズ」を基に製作された「パワーレンジャーシリーズ」の第23作目(第26シーズン)の作品。スーパー戦隊シリーズ第36作目『特命戦隊ゴーバスターズ』がベースとなっており、ビーストモーファーズ ブルーレンジャーは日本における特命戦隊ゴーバスターズの「ブルーバスター」に相当するキャラクターです。ブルーレンジャーに変身するのは、新物質「モーフX」を発見した秘密組織「グリッド・バトルフォース」の司令官であるマディー・ショーの息子、ラヴィ・ショー。ラヴィはパワーレンジャーの候補生として、仲間のブレイズやロキシーと共に日々厳しい訓練に励んでいました。そしていよいよ「モーフX」のエネルギーを使ってパワーレンジャーになる実験の日を迎えますが、実験装置は悪魔のコンピューターウィルス「エヴォックス」にハッキングされており、仲間であるブレイズやロキシーの意識をエヴォックスに奪われてしまいます。エヴォックスは彼ら2人を悪のパワーレンジャーへと変身させ、続いてラヴィもエヴォックスの手中に落ちそうになりますが、偶然施設に侵入して拘束されていたデヴォン・ダニエルズに助けられます。さらに候補生の脱落者で清掃係として働いていたゾーイ・リーブスを加えた3人でエヴォックスに立ち向かいますが、歯が立たず窮地に追い込まれてしまいます。この緊急時に、グリッド・バトルフォースの主任科学者ネイト・シルバーが下した咄嗟の判断によって、3人はパワーレンジャーの力を身に宿すことになり、ラヴィはブルーレンジャーとして意思を持った邪悪なコンピューターウィルスと戦っていくこととなりました。

パワーレンジャー ライトニングコレクション ビーストモーファーズ ブルーレンジャーは、ライトニングコレクションのシリーズ第3弾(wave 3)で発売されました。付属品はビーストXセイバー(ソウガンブレード)、エフェクトパーツ2種類(ビーストXセイバー用と拳用が1種類ずつ)、交換用手首2種類(左右1種類ずつ)、そしてラヴィ・ショーの素顔ヘッドパーツとなっています。ライトニングコレクションのシリーズ第2弾(wave 2)では、ビーストモーファーズ レッドレンジャー(レッドバスター)とビーストモーファーズ ゴールドレンジャー(ビートバスター)が発売されており、さらにシリーズ第4弾(wave 4)では、サイバーヴィラン・ブレイズ(ダークバスター)もラインナップされています。現行作品ということもあって他のパワーレンジャー(スーパー戦隊)シリーズよりも各キャラクターの発売が早くなっていますので、シリーズ第6弾(wave 6)以降にビーストモーファーズ イエローレンジャー(イエローバスター)やビーストモーファーズ シルバーレンジャー(スタッグバスター)、そしてサイバーヴィラン・ロキシー(エスケイプ・エボルブの色違い)などもラインナップされて一気にキャラクターが揃ってほしいところです。(シリーズ第5弾(wave 5)までのラインナップは決定しています。)

2020年3月現在、ホビーショップI.T.R.の秋葉原店頭では、店長私物のパワーレンジャー ライトニングコレクションを展示しております。パワーレンジャー ライトニングコレクションの購入を検討されていて、現物を見てみたいという方は、是非、秋葉原のホビーショップI.T.R.へご来店ください。