聖闘士聖衣神話EX バルゴシャカ<リバイバル版>

¥ 13,500 税込

商品コード: Saintclothmyth-EX-VirgoShaka-revival

商品状態:未開封

バンダイ「聖闘士聖衣神話EX」シリーズ、アニメ『聖闘士星矢』に登場する「バルゴシャカ」のアクションフィギュア。(リバイバル版)

シャカは処女宮を守護する乙女座の黄金聖闘士。長い金髪のストレートヘアと小宇宙(コスモ)を高めるために普段は閉ざしている目が特徴です。シャカは仏陀の生まれ変わりとも称され、幼い頃から神仏と対話をしてきました。その実力は黄金聖闘士の中でもトップクラスであり、「最も神に近い男」と呼ばれる程です。シャカは様々な技を持っており、天魔降伏、転法輪印、天空覇邪魑魅魍魎などがありますが、最大の奥義はシャカの閉ざされた目が開かれることで発動する天舞宝輪。天舞宝輪は相手の五感を剥奪していくというもので、死にこそしないものの、最終的には感覚をすべて失った廃人になってしまうという恐ろしい技です。劇中において描かれたシャカの実力は凄まじく、「十二宮編」では、処女宮で対峙したペガサス星矢とアンドロメダ瞬は全く歯が立たず、青銅聖闘士のなかでも別格の力を持つフェニックス一輝が加勢に現れますが、その一輝すらも圧倒。一輝の捨身の攻撃でようやく異次元に飛ばされますが、その後無傷で生還しています。(一輝のためにアリエスムウの力を借りて帰還しましたが、自分一人なら戻ることに問題はないというムウへの発言。)「冥王ハーデス編」では、冥闘士108人の生死に対応した珠を持つ数珠を振るいつつ、聖域に攻め込んだ冥闘士たちを遠方からの幻覚や天魔降伏などで足止めを行ったり、レオアイオリアが地伏星ワームのライミとの交戦により侵攻を許してしまった残りの冥闘士たちを難なく倒すなどしています。さらに冥闘士となって甦った、かつての黄金聖闘士仲間であるジェミニサガ、カプリコーンシュラ、アクエリアスカミュの3人との戦いにおいても、1対3という大幅に不利な状況でありながら、奥義の天舞宝輪で3人をギリギリまで追い詰めるなど「最も神に近い男」の異名通りの強さを見せ付けました。

聖闘士聖衣神話EX バルゴシャカ<リバイバル版> は、2017年9月23日に店頭一般流通で販売されました。付属品は、聖衣一式、交換用表情パーツ4種、交換用手首左右各6種、交換用組み手2種、交換用肩聖衣パーツ、数珠2種、交換用髪の毛パーツ、3枚羽形状マント、オブジェフレーム一式、聖衣分解装着図となっています。聖衣分解装着図は、2012年の10月27日に発売された聖闘士聖衣神話EX バルゴシャカには付属しておらず、リバイバル版で新規に追加されたものとなっています。聖衣はシャカに装着した状態だけでなく、オブジェ形態へも組み替えることができ、表情パーツや数珠などの豊富なパーツを付け替えることで劇中の様々なシーンのシャカを再現することが可能です。シャカの中でも印象の強い「座禅」用の専用台座も付属しますので、こちらを使用することで座禅状態で飾っておくこともできます。また同シリーズの聖闘士聖衣神話EXシリーズからは、ジェミニサガ、カプリコーンシュラ、アクエリアスカミュら3人の冥衣Ver.も発売されており、さらに別売りのブロークン冥衣パーツセットをそれぞれに装着することで、ダメージVer.の冥衣を再現することができます。この状態のジェミニサガ、カプリコーンシュラ、アクエリアスカミュら3人をシャカと一緒に飾ることで、冥王ハーデス編の処女宮沙羅双樹の園における死闘を再現することが可能です。