METAL BUILD ガンダムアストレイ ブルーフレーム(フル・ウェポン装備)

¥ 19,800 税込

商品コード: MetalBuild-item11476

商品状態:未開封

バンダイの大人気「METAL BUILD」シリーズ、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』に登場する「ガンダムアストレイ ブルーフレーム(フル・ウェポン装備)」アクションフィギュア。

ガンダムアストレイ ブルーフレームは、GAT-X(ガンダム)シリーズの技術を流用してオーブ連合首長国が開発したオーブ防衛用MS「アストレイ」のプロトタイプの内1体。ザフト軍のGAT-X(ガンダム)シリーズの強奪によって崩壊したヘリオポリスの内部でジャンク屋のロウ・ギュールに発見され、傭兵部隊サーペントテールのリーダーの叢雲劾に譲渡されます。それ以降、ブルーフレームは劾の愛機として使用されることとなりました。フル・ウェポン装備は、長時間の戦闘に対応した装備で、エネルギーの消費を抑えるために実弾火器のみを装備したブルーフレームの形態です。そのためエネルギー消費の激しいビームライフルなどを外し、手に入りやすいザフト製の実弾武装を装備しています。重量によって機動性が落ちることが難点ではあるものの、弾を撃ち尽くした武装からパージすることで徐々にですが難点をカバーすることが可能です。作中においては宇宙要塞アルテミスの用心棒など、地球連合軍に雇われての任務の際に使用されました。

METAL BUILD ガンダムアストレイ ブルーフレーム(フル・ウェポン装備)は、2016年12月10日店頭一般流通で発売されました。ブルーフレーム(フル・ウェポン装備)の発売前には、METAL BUILDシリーズからゴールドフレーム天ミナ -天空の宣言-とレッドフレームが発売されており、ブルーフレーム(フル・ウェポン装備)は、3体目のアストレイとしての発売となりました。付属品は、アンテナ、バックパック、交換用手首左右各3種、ビームライフル、対ビームシールド、ビームサーベル×2、専用スタンド一式、ウェポンラック、ジョイント一式、無反動砲×2、3連装短距離誘導弾発射筒×2、8連装短距離誘導弾発射筒×2となります。ブルーフレームのデザインとフル・ウェポンの武装は、METAL BUILDでは大幅にアレンジが施されており、新規に武器組換えギミックも搭載されています。フル・ウェポンの武装は着脱仕様となっていますので、劇中同様に武装をパージしながら戦うブルーフレーム(フル・ウェポン装備)の戦い方を再現できると同時に、通常のシンプルなガンダムアストレイ ブルーフレームの形態にすることも可能になっています。また、2020年9月にはMETAL BUILDとしては2体目のブルーフレームとなる、METAL BUILD ガンダムアストレイ ブルーフレーム セカンドリバイも発売されます。