S.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダーW 仮面ライダージョーカー

限定品

¥ 15,000 税込

商品コード: SHF-shin-KamenRider-Joker

数量

商品状態:未開封

バンダイ「S.H.Figuarts 真骨彫製法」シリーズ、平成仮面ライダーシリーズ第11作目『仮面ライダーW』の劇場版『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』などに登場した「仮面ライダージョーカー」のアクションフィギュア。

仮面ライダージョーカーは、『仮面ライダーW』の主人公の1人である風都の私立探偵左 翔太郎がジョーカーメモリとロストドライバーを用いて変身した姿。翔太郎とフィリップの2人で変身することが特徴の仮面ライダーダブルですが、こちらの仮面ライダージョーカーは翔太郎が単独で変身する仮面ライダーであり、必殺技はマキシマムドライブを用いてのライダーパンチとライダーキックです。相棒であるフィリップに何らかのトラブルがあり、ダブルドライバーで変身出来ない際に変身します。仮面ライダージョーカーはジョーカーメモリ1本を用いての変身のため、サイクロンメモリとジョーカーメモリの2本を用いて変身しているサイクロンジョーカーと比べてしまうとカタログスペックは劣るものの、ジョーカーメモリの力を最大限まで使用することが可能で、翔太郎本人のジョーカーメモリとの相性の良さもあり、スペックだけでは語れない部分もあります。正に仮面ライダージョーカーは翔太郎にとって「最後の切り札」と言えるでしょう。

S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダージョーカーは、2017年に秋葉原で行われたイベント「魂ネイション2017」の記念商品として発売され、後に魂ウェブ商店で受注販売されたS.H.フィギュアーツ 真骨彫製法の限定商品です。付属品は交換用手首左右各6種、ジョーカーメモリとなります。真骨彫製法版ではないS.H.フィギュアーツ 仮面ライダージョーカーも2010年8月7日と8日に秋葉原で行われたイベント「魂フェスティバル2010」の記念商品として発売(後に魂ウェブ商店で受注販売)されていますが、こちらの真骨彫製法版の仮面ライダージョーカーは真骨彫製法のサイクロンジョーカーをベースとして一部を新規造形パーツで作られており、ロストドライバーの可動やガイアメモリの抜き差しも可能になっているなど本体のスタイル以外の部分も真骨彫製法版としてレベルアップしています。