ROBOT魂 ファフナー・マークドライ 開封品

中古フィギュア買取品 限定品

¥ 4,200 税込

商品コード: ROT-fafner003

関連カテゴリ

  1. ロボット
  1. ロボット
  2. その他

商品状態:中古フィギュア買取品 開封 箱イタミ

バンダイ「ROBOT魂」シリーズの、アニメ「蒼穹のファフナー」シリーズに登場する「マークドライ」アクションフィギュア。

マークドライは、主に要咲良が搭乗し、TVシリーズ1期の第一次蒼穹作戦時には、カノン・メンフィスが搭乗したアルヴィス製ファフナー。竜宮島がフェストゥムから島を守るために開発したファフナーシリーズ「ノートゥング・モデル」の3番機です。

マークドライは近接戦闘型ファフナーであり、親友の近藤剣司の搭乗するマークアハトと親友の小楯衛の搭乗するマークフュンフとのフォーメーションを得意としています。機体特性に加えてパイロットである咲良本人の性格もあって前線で活躍するも、フェストゥムの同化現象や自爆のワームスフィアーに巻き込まれるなども前線ゆえのリスクも高かったため、要咲良はTVシリーズ1期の終盤にて同化現象を発症し戦線を離脱。その後、マークドライにはカノン・メンフィスが搭乗して第一次蒼穹作戦を戦い抜きます。

劇場版「HEAVEN AND EARTH」にて同化現象の治療が進展したことによって、要咲良は戦線に復帰、第二次蒼穹作戦には要咲良がパイロットとして参加します。TVシリーズ2期のEXODUS開始時には、要咲良は既にパイロットを引退していますが、中盤で新たな能力による後遺症に苦しむ後輩パイロット達のために羽佐間カノンとともに戦線に復帰。カノンとともに後輩パイロット達とともに戦い、またしても後遺症に苦しむこととなります。EXODUS終盤には、羽佐間カノンが自らの命と引き換えに示したエインヘリアル・モデルへと改装します。(シリーズ未発売)

ROBOT魂 ファフナー・マークドライは、マインブレード、ロングソード、ピラム(パーツの差し替えにより放射状態の再現可能)、簡易イージスといった様々な近接戦闘型用の武器が付属。パーツの差し替えによりTV版と劇場版の双方が再現可能です。魂ウェブ商店の限定販売品です。

こちらのROBOT魂 ファフナー・マークドライは開封品となり、破損やパーツの欠品等はございませんが、外箱にイタミが見られます。状態を確認したいという方はホビーショップI.T.R.通販サイトにてご注文の際に店頭受け取りを選択の上、秋葉原のホビーショップI.T.R.店頭までお越しください。