METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムバルバトスルプス 未開封 箱イタミ

中古フィギュア買取品 おすすめ商品

¥ 12,500 税込

商品コード: MetalRobotTamashii-Gundam-BarbatosLupus

商品状態:中古フィギュア買取品 未開封 箱イタミ(画像3枚目)

バンダイの「METAL ROBOT魂」シリーズ、アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ‎第2期』に登場する「ガンダム・バルバトスルプス」のアクションフィギュア。

度重なる戦いでダメージを負ったガンダム・バルバトスをテイワズの技術部門が改修した機体がガンダム・バルバトスルプスです。本来の姿とも言える厄祭戦時の性能再現方向への改修ではなく、現パイロットの三日月・オーガスの戦闘スタイルに合わせた機体に改修されており、それまでのガンダム・バルバトス第○形態とは違い、ラテン語で狼を意味する「ルプス」を冠して機体名称も変わっています。ガンダム・バルバトス第6形態と比較すると被弾した際の衝撃緩和のために曲線を帯びた装甲に変わった点や腰部スラスターユニットの変更、レンチメイスからソードメイスへの武装変更が分かりやすいところですが、三日月・オーガスの戦闘データを基にして阿頼耶識システムを調整し、モビルスーツの挙動をより一層パイロットの身体感覚に近づけるといったことも行われています。ガンダム・バルバトスルプスとモビルアーマー ハシュマルとの戦闘は、アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の中でも強く印象に残っている人が多いのではないでしょうか。

METAL ROBOT魂 ガンダムバルバトスルプスは、2021年の8月7日に店頭一般流通で発売されました。付属品は交換用手首左右各3種、眼光エフェクト、ヴァルキュリアバスターソード、腕部200㎜砲、腕部ロケット砲、ロケット砲×2、ソードメイス、ツインメイス×2、ジョイントパーツ一式、専用台座一式となります。メカデザイナー鷲尾直広氏の監修により、ガンダム・バルバトスルプスを劇中のプロポーションそのままに立体化。フレーム部分にはダイキャストが使用され、ボディ部分のマーキング等も細かく再現されています。また、付属のジョイントパーツを使用することでMETAL ROBOT魂オリジナルの重装備形態で飾ることも可能です。さらに、一部武装は別売りのMETAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムバルバトスルプスレクスに装備することもできます。

こちらのMETAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムバルバトスルプスは未開封品となりますが外箱にイタミ(画像3枚目)が見られます。状態を確認したいという方はホビーショップI.T.R.通販サイトにてご注文の際に店頭受け取りを選択の上、秋葉原のホビーショップI.T.R.店頭までお越しください。